王国「DEARIVETH」の女王。
彼女こそがDoris(ドリス)だった。

DEARIVETHは「こちらの世界」とは違う「物語の世界」の王国だった。
確かに彼女はそこに存在した。

彼女が「華」を使った事により、国民は光の粒子と化した。

では彼女はどうなったのか?

実は「華」を使った者は、死すら許されない「概念」そのものとなる。
Dollyよりも前に、彼女も「こちらの世界」に現れていたのだ。

ある時は架空のバンド「Doris Do Touva」のボーカルとして。
ある時はへヴィメタルバンド「DEARIVETH」のジャケットモデルとして。

彼女は今も、転移を繰り返している。